サレジオ学院の文化祭に行ってきました2018




今年もケイの学校、サレジオ学院の文化祭に弟ジェイと行ってきました。

これで、4回目。

入学前に行った2015年は「サレジオ学院の文化祭に行ってきました
2017年は「サレジオ学院の文化祭に行ってきました2017雑感
(2016年は、諸事情により、ブログ投稿なし)

今年のパンフレット。
サレジオ祭 2018パンフレット

ドラクエオマージュですね。
どうなんでしょう?今時の中高生はドラクエってやるのでしょうか?
ケイは、小学校の頃は確かドラクエⅨのすれ違い通信にはまっていた記憶はありますが、今は全くやってないですが。

印象的だったのが、天井の飾り付け。
サレジオ学院文化祭 傘

いろいろな色のビニール傘をつるして、とてもカラフル。これだけ見ていると男子校って感じは全くしません。

「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」を再現ってところでしょうか?

結果的には、今年もなんだか同じ所をまわっていたようで
・自然科学部化学班(今年も人工いくらを作り)
・自然科学部生物班(次男は仮剥製の鳥や狸の皮を触ったり)
・文芸部歴史班
・美術部・写真部
・ジャグリング部
・吹奏楽部コンサート
・技術科展示(中三の情報の授業で作成したHPの展示。10時間程度だけど、予想以上に作り込まれていて驚き)

毎年来てみて気づいたのは、

自然科学部は大人気。
ジャグリングは同好会ら部活へ。
吹奏楽部もコンテストで好成績を残していて、部員が増加している。

と年々、変わってきてはいるものの、楽しそうに、一生懸命に説明してくれている姿を見ていると
文化系の部活でもこういった日々の活動を発表する場があったり、
何かの賞を取ったりというような華々しい活躍はなく、ガッツリのめり込むというわけでなくても、
ゆるい感じでもやれること。
学校を卒業しても生涯に渡って、趣味として楽しめたり、あるいは、学問として究めたり。
自分に合ったスタンスで、やっていけるのかなと思いました。

ケイは、自分の部活のシフト担当。
どんな感じ?お客さんにしっかり対応した?と聞いてみると、

「よかったら、部誌読んでみてください」

とよそ行きの爽やかな感じで、応対していたそうです。

こっそり、見に行けばよかったな。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする